ビバップに取り憑かれた男

red rodney quintets 1955-1959
f:id:milesmode:20210406201409j:plain

CDを処分しようと、長らく聴いていないものを取り出して聴き直していると、なにかしら''発見"があるから困る。
レッド・ロドニーの3作品をCD2枚に収めたこのアルバム、あらためて聴いたところ、遅ればせながらレッド・ロドニーが抜群に上手いトランペッターだということに気がついた。
トランペットはストレートによく歌うし、アイラ・サリバンのテナーもスムーズ。いずれもビバップの良さを味わえる録音ぞろい。これはお得な3in2だ。ほとんど聴いておらず処分しようかと思ったが、キープしよう。

レッド・ロドニーは日本ではあまり人気がない。ブルーノートをはじめとするメジャーレーベルに録音していないうえに、ビバップ一筋ではむべなるかなといったところ。ところが、筋金入りのビバップをLP3枚分浴びているうちに、シンプルで切れ味鋭い演奏に惹かれていく。気づいたら、Amazonでレッド・ロドニーの別のアルバムを購入してしまった。
CDを処分しようとしていたはずなんだけどな‥‥。